『流れ』を大切に

物事には一定の流れというものがあるように、企業における全体の動きにも、一定の『流れ』のようなものがあります。それを大切にすることによって、高い生産性を実現しているのです。

さて、先ほど取り上げたマーケティングが企業にとって非常に重要であるということは、誰もが理解されていると思います。企業が広めようと思っている、またそれによって利益を上げようと考えている商品・サービスに関して、多くの人がそれを利用してもらうようにするためには、それを広める…いわゆる、宣伝するような行為が不可欠です。

もしそれを行わなければ、どれだけ良い商品やサービスであっても、意味がないからです。そこでマーケティングが行われます。より多くの人の『心』にどのようにして、その情報を届けることができるか、そしてそれをどのようにさらに多くの人に、広めることができるか、という点を考えます。

従来用いられてきたマーケティング方法は、現代にそのすべてを流用するのには無理があります。不特定多数の人に向けられるマーケティングではなく、個人がどのようなものを求めているか、いわゆるニーズに合わせた、一人一人のためのマーケティングというものが、欠かせない時代にあるのです。