データ分析の重要性

二次的な手段が、本来それらが目的としている第一のことに置き換わるということはほとんどありませんが、その二次的な手段が、いわゆる第一目標を押しあげることにつながるということが言えます。それらは単にそれらが持っていた手段そのものを変えることではなく、その価値を上昇させるということです。

例えば、企業が用いられるものには、ユーザーが残していく、『足跡』のようなものがあります。それが、いわゆる『ユーザー』の『データ』です。本来それらは、意味がないものに見えるかもしれません。しかし、マーケティングという手段においては、その手段を押し上げるために、この『データ』というものが、非常に活用できるものである、ということにほかなりません。データはそれがそこに存在するだけであれば意味がないかもしれませんが、それが賢く活用されていくのであれば、そこには確かに価値があります。

マーケティングにおいて大切なのは、ユーザー一人一人がどのようなことに関心を持っていたり、どのような傾向があるかということを知ることです。それはまさに、ユーザーが残していく『足跡』に繋がっています。それをどのように活用することができるか、これが非常に大切なのです。